聖戦士ダンバイン

Special Comment

Blu-ray BOX封入特典「バイストン・ウェル記録全集」に収録する
オリジナルスタッフ新規インタビューの中からコメントを一部紹介!

総監督 富野由悠季

『ダンバイン』も頑張ってたんだねえ

『ダンバイン』が10年とか20年経たないと認識されないっていうのも、当たり前だと思っている。それこそ今でも好きになってくれる人がいるとか、子供心に観た記憶が今になってはっきりと、ああいう存在っていうものもアニメだったらあるよねとか、ファンタジーだったらあるよねっていう風に理解してもらって、支持されるものになってきたんだろうなっていう意味では、改めて『ダンバイン』も頑張ってたんだねえって思うようになった。ガンダムに負けてるっていうのは何なんだろう。

キャラクター・デザイン 湖川友謙

ダンバインのキャラクターは、ある種の実験作だった

イデオンはリアリティ、ザブングルはギャグとかコメディ路線だった。だからダンバインは、ザブングルの先の先くらいの感覚で作ろうとしたキャラです。それはギャグもできて芝居的なリアルさも保てるようなキャラクターという意味だけど、ある種の実験ですよ。『機動戦士ガンダム』とかサンライズの他の作品が好きなファンや、それこそ他社のアニメ作品が好きなファンを全部ひっくるめて引っ張ってやろうという実験。ザブングルもイデオンもある意味で実験だったけど、ダンバインではそういう実験をしていた。

メカニカル・デザイン 宮武一貴

本当にやりたかったのは『ダンバイン』の世界

メカデザインというのは美術設定の範疇まで入ってしまうことがあるんです。『ダンバイン』では池田繁美さんが美術デザインをされていますが、ゼラーナの艦内も数枚書いていただいたんじゃないかな。その時点では僕はもう降板をしていたので、綿密なやり取りはないんです。池田さんや出渕さんに意図を汲んでもらって、引き継いでいただいた。でも、本当に続けたかったのは『ダンバイン』の世界なんです。僕にとっては一番やりたかった作品であり、本当に楽しかった。

聖戦士ダンバイン Blu-ray BOX