聖戦士ダンバイン

Special Comment

Blu-ray BOX封入特典「バイストン・ウェル記録全集」に収録する
新規インタビューの中からコメントを一部紹介!

総監督 富野由悠季

『ダンバイン』も頑張ってたんだねえ

『ダンバイン』が10年とか20年経たないと認識されないっていうのも、当たり前だと思っている。それこそ今でも好きになってくれる人がいるとか、子供心に観た記憶が今になってはっきりと、ああいう存在っていうものもアニメだったらあるよねとか、ファンタジーだったらあるよねっていう風に理解してもらって、支持されるものになってきたんだろうなっていう意味では、改めて『ダンバイン』も頑張ってたんだねえって思うようになった。ガンダムに負けてるっていうのは何なんだろう。

キャラクター・デザイン 湖川友謙

ダンバインのキャラクターは、ある種の実験作だった

イデオンはリアリティ、ザブングルはギャグとかコメディ路線だった。だからダンバインは、ザブングルの先の先くらいの感覚で作ろうとしたキャラです。それはギャグもできて芝居的なリアルさも保てるようなキャラクターという意味だけど、ある種の実験ですよ。『機動戦士ガンダム』とかサンライズの他の作品が好きなファンや、それこそ他社のアニメ作品が好きなファンを全部ひっくるめて引っ張ってやろうという実験。ザブングルもイデオンもある意味で実験だったけど、ダンバインではそういう実験をしていた。

メカニカル・デザイン 宮武一貴

本当にやりたかったのは『ダンバイン』の世界

メカデザインというのは美術設定の範疇まで入ってしまうことがあるんです。『ダンバイン』では池田繁美さんが美術デザインをされていますが、ゼラーナの艦内も数枚書いていただいたんじゃないかな。その時点では僕はもう降板をしていたので、綿密なやり取りはないんです。池田さんや出渕さんに意図を汲んでもらって、引き継いでいただいた。でも、本当に続けたかったのは『ダンバイン』の世界なんです。僕にとっては一番やりたかった作品であり、本当に楽しかった。

美術 池田繁美

富野さん以降は背景の情報量が増えていった

当時は背景が空だと簡単なんですよ、青いだけですから。それが富野さん以降は「地平線があるはずだ」ということになり、地平線があるということは地面があるわけで、背景の情報量が増えていった。青い空に丸い雲だった背景が、グラデーションのある空に気象条件によって形の変わる雲が浮いているようになった。当時の現場からはブーイングの嵐でしたけど(笑)、今となってはそれが当たり前になっていますよね。

脚本 渡邉由自

オーラ力とは弱さのもたらす念波オーラだと理解していました

オーラ力とは結局、人間の欠陥である、強欲、利己主義、残忍さ、偽善、虚栄、そして何よりも弱さのもたらす念波(オーラ)だと理解していました。
外部からの来訪者(地上人)によって波紋を起こされ、それまでの拮抗が破れ、バイストン・ウェルの人々の中に眠っていた、あるいは存在することすら気付かなかった意識が、覚醒してしまった物語だったと思います。

脚本 富田祐弘

人の「欲」こそが多くの行動の動機となる。

悪党を作るときには、このキャラクターの「欲望」はどこにあるのかを考えます。人の「欲」こそが、すべての行動の原因となるわけです。それは人に好かれたいとか、嫌われたくないという気持ちすら「欲」であるわけです。そういう部分を考えることで、数多くいるキャラクターを分類したことはありますね。ただ、富野さんは人間の醜いところも意識して演出をされていたと思いますが、僕も当時は若かったから、それほど深くは考えてなかったように思います。

※抜粋するにあたって商品に掲載されている本文から一部表現を変更しております。

ショウ・ザマ役 中原 茂

ショウ・ザマが普通の青年で良かった

僕はショウ・ザマが普通の青年で良かったと思います。それを自分がやることができてというか、自分が彼を生きることができてというか。個性が際立つキャラクターはたくさんいるじゃないですか。例えば主役は普通だけど、周りに個性の際立ったキャラクターを登場させて、そういうキャラクターのほうが人気になったりとか。僕はキャリアを重ねるうちにいろんな役をやらせていただいた中で、やっぱり自分は、普通の言葉をその人間がちゃんとしゃべっていると思われる役ができる人間でありたいなと、ずっと思ってるんですね。それはショウのときからなんです。

バーン・バニングス役 速水 奨

僕自身、ここから始まったんじゃないかなという気がします

僕がアニメーションの声優をやるようになって、初期のいちばん僕の中での代表作と思っています。バーンを演じたことで、その流れというかな、主人公のライバルという役をいただけるようになった、いちばん最初の作品なので、僕自身、ここから始まったんじゃないかなという気がします。マックスとか『エルガイム』のギャブレーとは違って、バーンはいちばん正統な感じがしますよね。純粋にショウ・ザマに闘いを挑んで挑んで挑んで負け続けて屈辱を味わうという、その真っ直ぐさがなかなか。

マーベル・フローズン役 土井美加

マーベルは日本人の心と近いものを持っているということもあったんじゃないかなと思う

アメリカ人とはいえマーベルは座禅も組むような人で、日本人の心と近いものを持っているということもあったんじゃないかなと思うんです。だからきっと、マーベルも全くのヤンキー娘だったら「はっきり言ってよ!」みたいになったと思うんですけれど(笑)。でもね、全体を通してマーベルを見ていると、奥ゆかしいところのある人だなって思うし、必ず一回自分の中に収めてから言うみたいなところを持っていて、大人だなあ……と本当に感じていました。

チャム・ファウ役 川村万梨阿

チャム・ファウは人間が好きなんですよね

森に住んでいる子たちの中でも、チャム・ファウは人間が好きなんですよね。それで人間と行動を共にしているという点で他のフェラリオと違うというのは、物語が進むにつれてわかってきました。最初にショウと会ったときは、「敵対するドレイクに呼ばれた悪い地上の人」「近寄るな、敵だ」「バイストン・ウェルをかき回さないで」という想いだったと思うんです。だからマーベルと一緒に自分たちの陣営に来ても、やっぱり信じられませんよね、最初。だから疑っていたけれど、一緒に戦っていくうちに仲間として認識していくんです。

聖戦士ダンバイン Blu-ray BOX